Robotic Crowd
Search…
OneLogin
このセクションでは、OneLoginを使って、Robotic Crowd に SSO する方法を説明いたします。設定には、管理者権限が必要ですので、情報システム部門の担当者に依頼してください。

この作業のゴールと手順

手順

OneLogin側で、以下の項目を設定します。
    1.
    新規 SAML アプリケーションの登録
    2.
    弊社担当者から指定されたACSの登録
    3.
    弊社担当者より指定された ACS URL Validator の登録
    4.
    証明書とログインURLのコピー

ゴール

上記手順を実際に行って以下の情報を取得して、弊社担当者までご連絡ください。
    X.509 Certificate
    SAML 2.0 Endpoint (URL)
では一つずつ手順を説明します。

新規 SAML アプリケーションの登録

管理者権限でログインして、管理画面に入ります。そこで、Add Apps を選択してください。
 
続いて、アプリケーションを検索するところから、SAML Test を検索します。このSAML Testというアプリケーションを編集して Robotic Crowd 用のSAMLアプリケーションを作成します。
検索結果から、SAML Test Connector という物を選択してクリックします。
すると、アプリケーション名や説明を記入する画面になるので、Display Name に Robotic Crowd、Rectangular icon / Square icon に次の画像をそれぞれ指定してください。Descriptionの部分には、社内向けの説明を記入してください。記入したら Save してください。
Rectangular Icon
Square Icon
アプリ情報の設定

ACSとACS URL Validatorを登録

Configurationタブをクリックして設定画面を開きます。ここで、ACSとACS URL Validatorを登録します。それぞれフォーマットは以下のようになっています。
項目
Audience
https://console.roboticcrowd.com/
Recipient
https://console.roboticcrowd.com/users/auth/saml/callback?domain=tutorial.co.jp
ACS
https://console.roboticcrowd.com/users/auth/saml/callback?domain=tutorial.co.jp
ACS URL Validator
^https:\/\/console\.roboticcrowd\.com\/users\/auth\/saml\?domain=tutorial\.co\.jp$
各種設定項目
値は、営業担当より連絡いたします。tutorial.co.jpというドメインのところを、貴社組織ドメインに読み替えて設定してSaveしてください。

証明書とログインURLのコピー

この状態でSSOタブを開くと、各種値を取得することができます。まずは、SAML 2.0 Endpointをコピーしてください。
続いて、X.509 Certificateというところの下の "View Details" をクリックして証明書の詳細を開いてください。
クリック後に表示される画面から、証明書をコピーしてください。
上で取得した以下の情報を弊社担当者までおしらせください。データは、テキストで大丈夫です。
    SAML 2.0 Endpoint
    X.509 Certificate
Last modified 2yr ago