Robotic Crowd
Search…
Marketing
マーケティングに関するアクション一覧です。

GetGAReport

概要

GetGAReportは、Googleアナリティクスからレポートを取得するアクションです。パラメーターを設定することで、カスタマイズされたレポートを作成することができます。レポートの対象期間は、startDate、endDateで設定します。取得したい値は、metricsで選択します。ページ別、ブラウザ別などの分析軸を設定したい場合は、dimensionsで指定します。リクエストで返されるディメンションまたは指標を制限したい場合は、filtersで指定します。また、mcf_reportをtrueにすることでマルチチャネルレポートデータを取得することが出来ます。返却されるレスポンスはデフォルトで最大1000行です。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
google analyticsからデータを取得するのに必要なプロバイダーID
ga_e7502c3b8b8147410ce2
mcf_report*
真理値
取得するレポートの種類を切り替えます。trueの場合、マルチチャネルレポートデータを取得します。
false
viewId*
文字列
ユーザーID
12345678
startDate*
文字列
リクエスト期間の開始日付
2019-04-01
endDate*
文字列
リクエスト期間の終了日付
2019-04-30
metrics*
文字列
指標(定量化されたデータ)。カンマ区切りで10個まで指定可能。
dimensions
文字列
ディメンション(データの属性)。カンマ区切りで7個まで指定可能
ga:browser
filters
文字列
リクエストで返されるデータを制限するディメンションまたは指標のフィルタ
ga:browser==Chrome
pageSize
数値
リクエストで返されるデータの数。最大で、100,000行。
1000 (デフォルト値)

補足: 入力フォーマット

すべての指標がすべてのディメンションと組み合わせることができるわけではありません。ディメンションと指標は、同じ階層のもの同士を組み合わせる必要があります。たとえば、「セッション」はセッションの指標なので、同じセッションレベルの「参照元」や「市区町村」などのディメンションと組み合わせます。「セッション」を「ページ」などのヒットレベルのディメンションと組み合わせても意味はありません。ディメンションと指標の有効な組み合わせについては、下記に記載したディメンションと指標の組み合わせの具体例を参照してください。
①新規ユーザーのセッション数を計測したい場合
1
action>: GetGAReport
2
provider: ga_xxxxxxx
3
mcf_report false
4
viewId: 11110000
5
startDate: '2019-04-01'
6
endDate: '2019-04-30'
7
metrics: ga:sessions
8
dimensions: ga:userType
9
filters: ga:userType==New Visitor
Copied!
②任意の市町村区における平均セッション時間を計測したい場合
1
action>: GetGAReport
2
provider: ga_xxxxxx
3
mcf_report false
4
viewId: 11110000
5
startDate: '2019-04-01'
6
endDate: '2019-04-30'
7
metrics: ga:sessions
8
dimensions: ga:city
9
filters: ga:city==cityName
Copied!
dimensionsとmetrixに関する詳細情報は下記のURLを参考にしてください。 https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/dimsmets

補足: 入力フォーマット(マルチチャネルレポートデータ)

マルチチャネルレポートデータを取得する場合、通常のGoogleアナリティクスからのレポート取得の際に使用するものとは異なる独自のディメンションと指標を使用する必要があります。 また、マルチチャネルレポートデータ取得用のディメンションと指標はすべて組み合わせることができます。
①参照元サイトの種類がemailのアシストコンバージョン数を計測したい場合
1
action>: GetGAReport
2
provider: ga_xxxxxxx
3
mcf_report true
4
viewId: 11110000
5
startDate: '2019-04-01'
6
endDate: '2019-04-30'
7
metrics: 'mcf:assistedConversions'
8
dimensions: 'mcf:medium'
9
filters: 'mcf:medium==email'
Copied!
dimensionsとmetrixに関する詳細情報は下記のURLを参考にしてください。https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/mcf/dimsmets

アウトプット

タイプ
概要
JSON
オブジェクト
JSONレスポンス
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
action>: GetGAReport
2
provider: ga_xxxxxxxx
3
mcf_report: false
4
viewId: 1234567890
5
startDate: '2019-04-01'
6
endDate: '2019-04-30'
7
metrics: 'ga:users,ga:sessions'
8
dimensions: 'ga:browser'
9
# => {
10
# "reports": [
11
# {
12
# "columnHeader": {
13
# "dimensions": [
14
# "ga:browser"
15
# ],
16
# "metricHeader": {
17
# "metricHeaderEntries": [
18
# {
19
# "name": "ga:users",
20
# "type": "INTEGER"
21
# },
22
# {
23
# "name": "ga:sessions",
24
# "type": "INTEGER"
25
# }
26
# ]
27
# }
28
# },
29
# "data": {
30
# "rows": [
31
# {
32
# "dimensions": [
33
# "Chrome"
34
# ],
35
# "metrics": [
36
# {
37
# "values": [
38
# "3229",
39
# "4660"
40
# ]
41
# }
42
# ]
43
# },
44
# {
45
# "dimensions": [
46
# "Firefox"
47
# ],
48
# "metrics": [
49
# {
50
# "values": [
51
# "360",
52
# "480"
53
# ]
54
# }
55
# ]
56
# },
57
# {
58
# "dimensions": [
59
# "Internet Explorer"
60
# ],
61
# "metrics": [
62
# {
63
# "values": [
64
# "2402",
65
# "3149"
66
# ]
67
# }
68
# ]
69
# },
70
# ],
71
# "totals": [
72
# {
73
# "values": [
74
# "7212",
75
# "9981"
76
# ]
77
# }
78
# ],
79
# "rowCount": 16,
80
# "minimums": [
81
# {
82
# "values": [
83
# "1",
84
# "1"
85
# ]
86
# }
87
# ],
88
# "maximums": [
89
# {
90
# "values": [
91
# "3229",
92
# "4660"
93
# ]
94
# }
95
# ],
96
# "isDataGolden": true
97
# }
98
# }
99
# ]
100
# }
Copied!

GetGoogleAdsReport (beta)

概要

GetGoogleAdsReportアクションは、Google広告からレポートを取得するアクションです。広告キャンペーン全体の掲載結果データのレポートを取得したり、広告が表示されるきっかけとなった検索語句などに絞ってデータを取得する事が出来ます。レポートを取得する為に、Google広告アカウントの「お客様ID」が必要になります。またコネクション作成時に、クライアントセンター(MCC)アカウントで連携した場合は、クライアントセンター(MCC)アカウントの「お客様ID」を入力する必要があります。「お客様ID」は下記の場所に記載されています。 取得したいデータの指定は、「Google Ads Query Language」という形式で入力する必要があります。セクション毎に取得したいデータを設定する事で様々な組み合わせのデータが取得可能です。

Google広告アカウントの階層構造

クライアントセンター(MCC)アカウントは、主に広告代理店ユーザーが、複数のクライアントアカウントをまとめて管理する為のアカウントです。MCCアカウントはツリー構造になっており、最上位の各 MCCアカウントでは、個々のアカウントや他のMCCアカウントを管理できます。下位のMCCアカウントでも、個々のアカウントや他のMCCアカウントを管理することができます。 Robotic Crowdでコネクションを連携する際に、社内で運用するMCCアカウントを選択した場合には、どの階層に位置するMCCアカウントであれクライアントアカウントが持つ広告情報にアクセスする為に、アクションパラメーターに「manager_id」を入力する必要があります。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
customer_id*
文字列
Google Adsからデータを取得するのに必要なお客様ID
123456789
manager_id
文字列
MCCアカウントでアクションを利用する場合、このパラメーターにMCCアカウントのお客様IDを入力します。MCCアカウントで利用しない場合は、空欄にしておいてください。
123456780
query*
文字列
取得したいレポートを「Google Ads Query Language」で入力します。
※使用例の入力例を参照
1
-SELECT(必須)
2
取得したいデータ項目を入力してください。このパラメーターでは、Segment/Metrics/Customerなどフィールド毎に取得したいデータ項目を指定します。
3
設定可能な全てのフィールドから、取得したいデータを入力し全てにリクエストを送る事も可能です。
4
5
(例)
6
Resource fields
7
-campaign.name
8
-campaign.status
9
10
Segment fields
11
-ad_group.name
12
13
Metrics fields
14
-metrics.impressions
15
16
-FROM(必須)
17
SELECTで指定したデータを取得するリソースを選択します。一つのリソースしか選択する事が出来ません。
18
19
(例)
20
campaign
21
customer
22
ad_group
23
24
-WHERE(オプション)
25
条件を指定する事で取得したいデータをフィルタリングする事が可能です。複数の条件を指定する事も可能です。
26
27
(例)
28
segments.device = MOBILE
29
segments.date DURING LAST_30_DAYS
30
metrics.impressions > 0
31
32
-ORDER_BY(オプション)
33
返却されるデータの順番を、指定した条件で並び替える事が出来ます。取得したデータ毎に条件を指定し、各データ毎に表示する順番を指定する事が出来ます。
34
35
(例)
36
metrics.clicks ASC
37
metrics.impressions DESC
38
39
-LIMIT(オプション)
40
APIから返却されるデータの数を、数値で直接指定する事が出来ます。
41
42
(例)
43
LIMIT 100
44
45
-PARAMETERS(オプション)
46
この項目では管理しているGoogle広告のメタパラメータを指定する事が出来ます。
47
現在APIで使用できるメタパラメータは「include_drafts」の一つだけとなっており、デフォルトでは「False」になっています。
48
管理しているGoogle広告アカウントに下書き状態の広告が存在する場合、「True」に設定する事で下書き状態の広告に関するデータを取得する事が出来ます。
49
50
(例)
51
include_drafts=true
Copied!
このアクションで使用できるパラメーターに関する詳細情報は下記のURLを参考にしてください。 https://developers.google.com/google-ads/api/docs/query/interactive-gaql-builder

アウトプット

タイプ
概要
JSON
オブジェクト
JSONレスポンス
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
action>: GetGoogleAdsReport
2
customer_id: 123456789
3
manager_id: 123456780
4
query: SELECT campaign.id, campaign.name, ad_group.id, ad_group.name, ad_group_criterion.criterion_id, ad_group_criterion.keyword.text,
5
ad_group_criterion.keyword.match_type, metrics.impressions, metrics.engagements, metrics.clicks, metrics.cost_micros
6
FROM keyword_view
7
# {
8
# "resultsList": [
9
# {
10
# "campaign": {
11
# "resourceName": "customers/123456789/campaigns/2037742724",
12
# "id": 2037742724,
13
# "name": "テストキャンペーン"
14
# },
15
# "adGroup": {
16
# "resourceName": "customers/123456789/adGroups/72421289499",
17
# "id": 72421289499,
18
# "name": "テスト広告グループ"
19
# },
20
# "adGroupCriterion": {
21
# "resourceName": "customers/123456789/adGroupCriteria/72421289499~12073940",
22
# "criterionId": 12073940,
23
# "keyword": {
24
# "text": "テスト",
25
# "matchType": 4
26
# }
27
# },
28
# "metrics": {
29
# "impressions": 0,
30
# "engagements": 0,
31
# "clicks": 0,
32
# "costMicros": 0
33
# }
34
# }
35
# ]
36
# }
Copied!

GetSearchAnalytics

概要

GetSearchAnalyticsは、Google Search Consoleで管理しているプロパティの検索パフォーマンスデータを取得するアクションです。返却されるレスポンスはデフォルトで最大1-25,000行まで設定できます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
プロバイダーID
searchconsole_e7502c3b8b8147410ce2
siteUrl*
文字列
対象のURLまたはドメイン名
tutorial.co.jp
startDate*
文字列
リクエスト期間の開始日付
2019-12-01
endDate*
文字列
リクエスト期間の終了日付
2019-12-08
dimensions
配列
取得するデータの種類
['query', 'page']
filters
配列
取得するデータのフィルタ
[{"dimension":"query","operator":"contains","expression":"rpa"}]
rowLimit
整数
取得する行数。1-25,000内
20000

filters についての補足

filters を設定することで取得するデータの値を制限することができます。フィルタはリストで挿入可能ですが、dimensionFilterGroups[].filters[] の形式で入力する必要があります。 詳細は、こちらを参照してください。
● 入力例
filters 入力方法
● フィルタオブジェクトの説明
名前
概要
dimension
文字列
フィルタが適用されるデータの種類
"query"
operator
文字列
dimension と expression を比較する方法。次の中から選択。『"contains"』『"equals"』『"notContains"』『"notEquals"』
"contains"
expression
文字列
フィルタを設定したい値
"rpa"
● フィルタを複数設定したい場合
複数フィルタを設定したい場合は、フィルタオブジェクトを追加してください。
1
[{ "dimension": "query", "operator": "contains", "expression": "rpa"},{ "dimension": "page", "operator": "notContains", "expression": "rpa"}]
Copied!

アウトプット

タイプ
概要
JSON
オブジェクト
JSONレスポンス
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
action>: GetSearchAnalytics
2
provider: searchconsole_********************
3
siteUrl: 'tutorial.co.jp'
4
startDate: '2019-12-01'
5
endDate: '2019-12-08'
6
dimensions: ['query', 'page']
7
filters: [{"dimension":"query","operator':"contains","expression":"rpa"}]
8
rowLimit: 1000
9
# {
10
# "rows": [
11
# {
12
# "keys": [
13
# "ホゲ rpa",
14
# "https://hoge.co.jp/"
15
# ],
16
# "clicks": 10,
17
# "impressions": 10,
18
# "ctr": 0.141421356,
19
# "position": 1
20
# },
21
# {
22
# "keys": [
23
# "rpa ホゲ 使い方",
24
# "https://hoge.co.jp/"
25
# ],
26
# "clicks": 10,
27
# "impressions": 10,
28
# "ctr": 0.141421356,
29
# "position": 1
30
# },
31
# {
32
# "keys": [
33
# "rpa ホゲ",
34
# "https://hoge.co.jp/"
35
# ],
36
# "clicks": 10,
37
# "impressions": 10,
38
# "ctr": 0.141421356,
39
# "position": 1
40
# },
41
# .............
42
# ]
43
# }
Copied!

GetFacebookAdsReport

概要

GetFacebookAdsReportは、Facebook広告からレポートを取得するアクションです。広告アカウントIDを入力することで、そのアカウントで運用している広告レポートを取得できます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
Facebook Ads からデータを取得するのに必要なプロバイダーID
fbads_**
accountId*
文字列
アカウントID
1234567890123456
startDate*
文字列
レポートの開始日付
2020-05-01
endDate*
文字列
レポートの終了日付
2020-05-07
fields*
文字列
データ項目をカンマ区切りで入力。入力可能な値は以下URLのfieldsを参照ください。 https://developers.facebook.com/docs/marketing-api/insights/parameters/v8.0
ad_name, reach, impressions, spend
limit*
数値
取得する広告数の上限
3000 (デフォルト値)

アウトプット

タイプ
概要
JSON
オブジェクト
JSONレスポンス
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
+get_facebook_ads_report_1:
2
action>: GetFacebookAdsReport
3
provider: fbads_****************
4
accountId: 1234567890123456
5
startDate: '2020-05-01'
6
endDate: '2020-05-07'
7
fields: 'ad_id, ad_name, reach, impressions, clicks, ctr'
8
limit: 3000
9
# {
10
# "data": [
11
# {
12
# "ad_id": "10000000000000001",
13
# "ad_name": "広告A",
14
# "reach": "3279",
15
# "impressions": "4565",
16
# "clicks": "52",
17
# "ctr": "1.139102",
18
# "date_start": "2020-05-01",
19
# "date_stop": "2020-05-07"
20
# },
21
# {
22
# "ad_id": "10000000000000002",
23
# "ad_name": "広告B",
24
# "reach": "2278",
25
# "impressions": "2800",
26
# "clicks": "13",
27
# "ctr": "0.464286",
28
# "date_start": "2020-05-01",
29
# "date_stop": "2020-05-07"
30
# }
31
# ],
32
# "paging": {
33
# "cursors": {
34
# "before": "MAZDZD",
35
# "after": "NwZDZD"
36
# },
37
# }
38
# }
Copied!

GetYahooSearchAdsReport

概要

GetYahooSearchAdsReportは、Yahoo検索広告からレポートを取得するアクションです。広告アカウントIDを入力することで、そのアカウントで運用している広告レポートを取得できます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
Yahoo Ads からデータを取得するのに必要なプロバイダーID
yahooads_**
accountId*
文字列
アカウントID
1234567890123456
startDate*
文字列
レポートの集計の開始日付
20200801
endDate*
文字列
レポートの集計の終了日
20200807
reportName*
文字列
レポート名称
test_report
reportType*
セレクト
レポートの種類
ACCOUNT、CAMPAIGN、ADGROUP、AD、KEYWORDS、SEARCH_QUERY、GEO、FEED_ITEM、GEO_TARGET、SCHEDULE_TARGET、BID_STRATEGY、AD_CUSTOMIZERS、TARGET_LIST、LANDING_PAGE_URL、KEYWORDLESS_QUERY、WEBPAGE_CRITERION
fields*
文字列
レポートの出力項目名をカンマ区切りで入力。入力可能な値は以下URLのfieldsを参照ください。 https://github.com/yahoojp-marketing/sponsored-search-api-documents/tree/master/docs/ja/api_reference/appendix/reports
ACCOUNT_ID, ACCOUNT_NAME, IMPS, CLICKS
reportDownloadFormat
セレクト
ダウンロードレポートのファイル形式。未設定の場合は、CSV形式で出力します。
CSV, XML, TSV
reportLanguage
セレクト
レポート定義の言語選択。未設定の場合はJAで出力します。
JA, EN

アウトプット

タイプ
概要
File
ファイル
ダウンロードしたファイル
/tmp/ac44342d-d956-4818-b3ee-e3d4990b06c8/yahooads/testreport.csv

使用例

1
+get_yahoo_search_ads_report_1:
2
action>: GetYahooSearchAdsReport
3
provider: yahooads_****************
4
accountId: 1234567890123456
5
startDate: '20200501'
6
endDate: '20200507'
7
reportName: 'testreport'
8
reportType: AD
9
fields: 'ACCOUNT_ID,AD_NAME,IMPS,CLICKS'
10
reportDownloadFormat: CSV
11
reportLanguage: EN
12
# => "/tmp/ac44342d-d956-4818-b3ee-e3d4990b06c8/yahooads/testreport.csv"
Copied!

GetYahooDisplayAdsReport

概要

GetYahooDisplayAdsReportは、Yahooディスプレイ広告からレポートを取得するアクションです。広告アカウントIDを入力することで、そのアカウントで運用している広告レポートを取得できます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
Yahoo Ads からデータを取得するのに必要なプロバイダーID
yahooads_**
accountId*
文字列
アカウントID
1234567890123456
startDate*
文字列
レポートの集計の開始日付
20200801
endDate*
文字列
レポートの集計の終了日
20200807
reportType
セレクト
レポートの種類。現在、 CONVERSION_PATH, CROSS_CAMPAIGN_REACHES, FREQUENCY, REACH は未対応です。
AD, AUDIENCE_CATEGORY, INTEREST_CATEGORY, SITE_RETARGETING, SEARCH_TARGET, PLACEMENT_TARGET, LABEL, SITE_CATEGORY, URL
reportName*
文字列
レポート名称
test_report
fields*
文字列
レポートの出力項目名をカンマ区切りで入力
ACCOUNT_ID, ACCOUNT_NAME, IMPS, CLICKS
reportDownloadFormat
セレクト
ダウンロードレポートのファイル形式。未設定の場合は、CSV形式で出力します。
CSV, XML, TSV
reportLanguage
セレクト
レポート定義の言語選択。未設定の場合はJAで出力します。
JA, EN

アウトプット

タイプ
概要
File
ファイル
ダウンロードしたファイル
/tmp/ac44342d-d956-4818-b3ee-e3d4990b06c8/yahooads/testreport.csv

使用例

1
+get_yahoo_display_ads_report_1:
2
action>: GetYahooDisplayAdsReport
3
provider: yahooads_****************
4
accountId: 1234567890123456
5
startDate: '20200801'
6
endDate: '20200807'
7
reportType: AD
8
reportName: 'testreport'
9
fields: 'ACCOUNT_ID,AD_NAME,IMPS,CLICKS'
10
reportDownloadFormat: CSV
11
reportLanguage: EN
12
# => "/tmp/ac44342d-d956-4818-b3ee-e3d4990b06c8/yahooads/testreport.csv"
Copied!

GetTwitterAdsReport

概要

GetTwitterAdsReportは、Twitter広告からレポートを取得するアクションです。広告アカウントIDと取得したいエンティティのIDを入力することで、そのアカウントで運用しているレポートを取得できます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
Twitter Ads からデータを取得するのに必要なプロバイダーID
twads_**
reportType*
セレクト
取得するレポートタイプ。キャンペーンのリーチとフリークエンシーを取得したい場合は Reach and Average Frequency を選択し、その他の値を取得したい場合は Analytics を選択してください。Analytics で取得する値は metricGroups の指定により変わります。 ※現在 Reach and Average Frequency はTwitter社よりベータ版として提供されており、広告アカウントによっては利用できない場合があります。また、この機能は今後変更される可能性があります。
Analytics
accountId*
文字列
アカウントID
1234567890123456
startDate*
文字列
レポートの集計の開始日付。endDate まで最大90日の時間範囲。
2020-08-01
endDate*
文字列
レポートの集計の終了日
2020-08-07
entity
セレクト
取得するレポートのエンティティ。ACCOUNT, CAMPAIGN, PROMOTED_TWEET の3種類から選択。Reach and Average Frequency の場合、この設定は結果に影響しません。
CAMPAIGN
campaignId
文字列
キャンペーンID。カンマ区切りで複数指定できます。
abcde
promotedTweetIds
文字列
プロモツイートID。カンマ区切りで複数指定できます。Reach and Average Frequency の場合、この設定は結果に影響しません。
abcde
granularity
セレクト
レポートの粒度。TOTAL を選択すると指定期間内のデータの総計を取得し、DAY を選択すると日別値を取得します。Reach and Average Frequency の場合、この設定は結果に影響しません。
TOTAL
metricGroups
文字列
取得するレポートのメトリックグループをカンマ区切りで入力。指定できる項目は ENGAGEMENT, BILLING, VIDEO, MEDIA, WEB_CONVERSION, MOBILE_CONVERSION, LIFE_TIME_VALUE_MOBILE_CONVERSION 。以下URLをご参照の上、取得したい値に合わせて metricGroups を選択してください。 https://developer.twitter.com/en/docs/twitter-ads-api/analytics/overview/metrics-and-segmentation Reach and Average Frequencyの場合、この設定は結果に影響しません。
ENGAGEMENT, BILLING
placement
セレクト
取得したデータを特定の場所にスコープします。ALL_ON_TWITTER, PUBLISHER_NETWORK の2種類から選択。TwitterとTwitter Audience Platform の両方のプレースメントを持つエンティティの場合は、プレースメント値ごとに別々のリクエストが必要になります。Reach and Average Frequency の場合、この設定は結果に影響しません。
ALL_ON_TWITTER
returnArray
真理値
true のとき、JSONではなく二次元配列をアウトプットします
false (default)

入力するパラメーターについての補足

GetTwitterAdsReportは、reportType 及び entity の入力により必要なパラメータが変化します。以下表の「○」で示されるパラメータが必要な項目です。
項目
パラメータ
reportType
Analytics
Reach and Average Frequency
entity
ACCOUNT
CAMPAIGN
PROMOTED_TWEET
-
accountId
startDate
endDate
campaignId
-
-
promotedTweetIds
-
-
-
granularity
-
metricGroups
ENGAGEMENTのみ
-
placement
-

アウトプット

タイプ
概要
Array
配列
returnArray = true の時、取得したデータを加工した二次元配列
※使用例のアウトプット参照
JSON
オブジェクト
returnArray = false の時、JSONレスポンス
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
+get_twitter_ads_report_1:
2
action>: GetTwitterAdsReport
3
provider: twads_****************
4
reportType: Analytics
5
accountId: 1234567890
6
startDate: '2020-08-04'
7
endDate: '2020-08-14'
8
entity: CAMPAIGN
9
campaignId: abcde
10
granularity: TOTAL
11
metricGroups: ENGAGEMENT
12
placement: ALL_ON_TWITTER
13
returnArray: true
14
15
# [
16
# [
17
# "start_time",
18
# "end_time",
19
# "placement",
20
# "granularity",
21
# "entity",
22
# "id",
23
# "impressions",
24
# "tweets_send",
25
# "qualified_impressions",
26
# "follows",
27
# "app_clicks",
28
# "retweets",
29
# "unfollows",
30
# "likes",
31
# "engagements",
32
# "clicks",
33
# "card_engagements",
34
# "poll_card_vote",
35
# "replies",
36
# "url_clicks",
37
# "carousel_swipes"
38
# ],
39
# [
40
# "2020-08-04 00:00",
41
# "2020-08-14 00:00",
42
# "ALL_ON_TWITTER",
43
# "TOTAL",
44
# "CAMPAIGN",
45
# "abcde",
46
# 1234,
47
# null,
48
# null,
49
# 10,
50
# null,
51
# null,
52
# null,
53
# 1,
54
# 60,
55
# 60,
56
# null,
57
# null,
58
# null,
59
# null,
60
# null
61
# ]
62
# ]
63
64
65
+get_twitter_ads_report_1:
66
action>: GetTwitterAdsReport
67
provider: twads_****************
68
reportType: Analytics
69
accountId: 1234567890
70
startDate: '2020-08-04'
71
endDate: '2020-08-14'
72
entity: CAMPAIGN
73
campaignId: abcde
74
granularity: TOTAL
75
metricGroups: ENGAGEMENT
76
placement: ALL_ON_TWITTER
77
returnArray: false
78
79
# {
80
# "data_type": "stats",
81
# "time_series_length": 1,
82
# "data": [
83
# {
84
# "id": "abcde",
85
# "id_data": [
86
# {
87
# "segment": null,
88
# "metrics": {
89
# "impressions": [1234],
90
# "tweets_send": null,
91
# "qualified_impressions": null,
92
# "follows": [10],
93
# "app_clicks": null,
94
# "retweets": null,