Slack

概要

Robotic Crowd では、Slack API と連携する事で、bot からメッセージを送信する「SendSlackMessage」アクションが利用可能になります。アクションを利用するには、事前にSlack API であなたのアプリを作成しておく必要があります。

注意 : ここでは、あなたがSlack API で作成したアプリとRobotic Crowd を連携します。アプリを作成する前に、ワークスペース管理者にSlack API にてアプリを作成する旨を連絡し、承諾を得ておいてください。

アプリの作成

Slack API のアプリページに移動し、「Create New App」をクリックします。

表示されたフォームを入力します。アプリ名は、好きな名前を入力します。ワークスペースは、使用するワークスペースを選択します。入力が完了したら、「Create App」をクリックし、アプリを作成します。

OAuth & Permissions の設定

作成したアプリのOAuth & Permissions に移動します。

Redirect URLs の設定

Redirect URLs に下記のURLを入力します。

https://console.roboticcrowd.com/connections/slack/callback

Scopes の設定

Bot Token Scopes に以下のスコープを追加します。

  • chat:write

  • files:write

Slack APP をインストールする

OAuth & Permissions の設定が完了したら、アプリをワークスペースにインストールします。あなたが管理者ではない場合、インストールのリクエストが管理者に送信されます。

Robotic Crowdでのコネクション作成

アプリをワークスペースにインストールしたら、Robotic Crowd で「Slack」コネクションを作成します。コネクション追加画面で「Slack」を選択します。

「Slack」を選択すると、下図のフォームが表示されます。作成したアプリの Client ID とClient Secret を入力してください。Client ID とClient Secret は、あなたのアプリページのBasic Information で確認することができます。

アプリページのBasic Information

フォームを入力し「登録」をクリックすると、認証画面が表示されます。表示されている権限をアプリに付与する事に同意した上で「許可する」をクリックしてください。

「許可する」をクリックすると、Robotic Crowd のコネクション画面にリダイレクトされます。「Slack」とのコネクションが作成されていれば成功です。

Scopes を更新する

古いSlack API アプリをご利用の方は、Scopes を更新する必要があります。

あなたのアプリページのOAuth & Permissions に移動し、「Update Scopes」ボタンをクリックしてScopes を更新してください。

Step 1: Select bot token scopes

以下のスコープにチェックを入れ、「Continue」をクリックします。

  • chat:write

  • files:write

Step 2: Select user token scopes

すべてのチェックを外し、「Continue」をクリックします。

Step 3: Verify your scope selections

Bot Token Scopes に「chat:write」と「files:write」が設定されているのを確認し、スコープを更新します。

アプリを再インストールする

スコープを更新したら、アプリを再インストールし、Robotic Crowd のコネクション画面で「Slack」コネクションを作成し直してください。アクションを使用する際は、作成し直したコネクションのプロバイダーIDをセットする必要があります。