Robotic Crowd
Search…
Text
文字列を操作するアクションの一覧です。

Text

概要

Textは、テキストを作成するアクションです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
text*
文字列
作成したいテキスト
こんにちは

アウトプット

タイプ
概要
Text
文字列
作成されたテキスト
"こんにちは"

使用例

1
+text_1:
2
action>: Text
3
text: 'こんにちは'
Copied!

SplitText

概要

SpletTextは、テキストを区切り文字で分割して配列にするアクションです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
text*
文字列
対象のテキスト
我輩は,猫,である
split_with
文字列
区切り文字
,

アウトプット

タイプ
概要
List
配列
分割した文字列のリスト
["我輩は","猫","である"]

使用例

1
+split_text_1:
2
action>: SplitText
3
text: '我輩は,猫,である'
4
split_with: ','
Copied!

ReplaceText

概要

ReplaceTextは、テキスト内の文字列を別の文字列で置き換えるアクションです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
text*
文字列
対象のテキスト
我輩は猫である
find*
文字列
検索文字列
use_regex*
真理値
正規表現を使用するかどうか
true(default)
replace_with*
文字列
新しい文字列

アウトプット

タイプ
概要
Text
文字列
新しいテキスト
"我輩は犬である"

使用例

1
+replace_text_1:
2
action>: ReplaceText
3
text: '我輩は猫である'
4
find: '猫'
5
use_regex: false
6
replace_with: '犬'
Copied!

MatchText

概要

テキストから正規表現で検索し、マッチした文字列を配列で返却します。'090-1234-1234'は、\d{3}-\d{4}-\d{4}にマッチします。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
Text*
文字列
テキスト
090-1234-1234
Regrex*
正規表現
リテラル表現(スラッシュ / で囲う)で入力してください。
/d{3}-d{4}-d{4}/
真理値
マッチした文字列全件を取得するかどうか。初期値は、trueです。
true (default)

アウトプット

タイプ
概要
Text
配列
文字列のリスト(グループされます)
["090-1234-1234"]

EscapeRegex

概要

EscapeRegexは、正規表現をエスケープするアクションです。動的に正規表現を生成したい場合に使用します。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
text*
文字列
対象のテキスト
この商品は"1500円"です

アウトプット

タイプ
概要
Text
文字列
エスケープされたテキスト
"この商品は\"1500円\"です"

使用例

1
"この商品は\"1500円\"です"
Copied!
1
+escape_regex_1:
2
action>: EscapeRegex
3
text: 'この商品は"1500円"です'
Copied!

ReadText

概要

ReadTextは、ファイルから文字列を読み込むアクションです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
filename*
文字列
読み込むファイルのファイルパス
+get_download_files_1
encoding
文字列
読み込むファイルの文字エンコーディング
utf-8(default)

サポートされているエンコーディング一覧

utf8, ucs2 / utf16-le, ascii, binary, base64, hex, utf16, utf16-be, utf-7, utf-7-imap, CP932, CP936, CP949, CP950, GB2312, GBK, GB18030, Big5, Shift_JIS, EUC-JP

アウトプット

タイプ
概要
Text
文字列
読み込んだテキスト
※アウトプット例を参照

アウトプット例

1
"\"名前\",\"性別\",\"年齢\",\"住所\"\n\"Roland Witting\",\"Male\",\"31\",\"Suite 662 23443 Horace Port, East Gaston, HI 93524\"\n\"Junita Welch\",\"Male\",\"15\",\"55451 Sunshine Causeway, Roseannabury, KS 38599\"\n\"Barry Terry\",\"Male\",\"7\",\"Suite 324 154 Abshire Center, Trantowtown, MN 79628-5905\"\n\"Kristle Purdy\",\"Male\",\"87\",\"Apt. 869 224 Kourtney Ramp, Lakeshafurt, SD 93802\"\n\"Brittanie Schmeler\",\"Male\",\"36\",\"Apt. 254 98730 Antonio Neck, Rogahnton, NV 96771\"\n"
Copied!

使用例

1
+read_text_1:
2
action>: ReadText
3
filename: +get_download_files_1
4
encoding: 'utf-8'
Copied!

ConvertPDFToText

概要

ConvertPDFToTextアクションは、PDFファイルの文字情報のみを抽出して文字列として扱えるようにするアクションです。いわゆる画像から文字を認識するOCRの機能はサポートされていないため、OCRを利用する際は、TextDetectionアクションを利用することを検討してください。文字列に変換されたPDFでは、改行は残っており、枠線などがあれば、記号として残るようになっています。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
pdf*
文字列
PDFファイルのファイルパスを入力します。PDFファイルはロボット側にダウンロードしておく必要があるので、ダウンロードしたファイルを利用することを想定しています。
+get_file_1

アウトプット

タイプ
概要
Text
文字列
PDFから抽出したテキスト
"吾輩は猫である。名前は、・・・"

使用例

1
+convert_pdf_to_text_1:
2
action>: ConvertPDFToText
3
pdf: '+get_file_1'
Copied!

GetTime

概要

GetTimeアクションは、指定したフォーマットとタイムゾーンから日時を出力するアクションです。フォーマット及びタイムゾーンは,テキストで入力します。 オプションを設定した場合、相対日時を取得することができます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
format*
文字列
日付フォーマット
YYYY-MM-DD
timezone*
文字列
タイムゾーン
Asia/Tokyo
relativeTime
オブジェクト
相対日時を設定します。内部にnumber, unit, preposition, startEndOptionを持ちます。
{number: '2', unit: 'days', preposition: 'before', startEndOption: 'startOfDay'}
relativeTime.number
整数
相対日時を設定するための数値です。半角数字で入力します。
- (default)
relativeTime.unit
文字列
相対日時を設定するための時間、日などの単位を選択します。
- (default)
relativeTime.preposition
文字列
設定した相対日時を取得するために前後を選択します。
- (default)
relativeTime.startEndOption
文字列
初末オプション
- (default)

補足: 入力フォーマット

フォーマットとタイムゾーンをテキストで入力する際の入力例。
1
フォーマット(format)
2
*アクション実行が2019年4月1日の場合。
3
4
- YYYY-MM-DD(2019-04-01)
5
- YYYY-MM-DD HH:mm(2019-04-01 09:00)*午前9時の場合。
6
- YYYY/MM/DD(2019/04/01)
7
- MMMM Do YYYY(April 1st 2019)
8
9
タイムゾーン(timezone)
10
*任意のタイムゾーンを地域/都市の形式で入力。
11
12
- Asia/Tokyo
13
- Europe/London
14
- America/New_York
15
16
数値(relativeTime.number)
17
*半角数字で入力してください。全角数字などの文字を入力すると相対日時が認識されません。
18
19
単位(relativeTime.unit)
20
*秒、分、時間、日、週間、ヶ月の中から選択できます。
21
22
前後(relativeTime.preposition)
23
*指定した日時前か後かを選択します。
24
25
初末オプション(relativeTime.startEndOption)
26
*月初、月末、日のはじめ、日の終わり、週の始まり、週の終わりなどの中から選択できます。
Copied!

アウトプット

タイプ
概要
Text
文字列
指定したタイムゾーンにおける日付と現在時刻
※アウトプット例を参照

アウトプット例

相対日時を設定せず、アクション実行日時が2019年4月1日の場合。
1
 "2019-04-01"
Copied!
1日前を設定し、アクション実行日時が2019年4月1日の場合。
1
 "2019-03-31"
Copied!
月末を設定し、アクション実行日時が2019年4月1日の場合。
1
 "2019-04-30"
Copied!
20時間前の月初を設定し、アクション実行日時が2019年4月1日19:00の場合。
1
 "2019-03-01"
Copied!

使用例

1
+get_time_1:
2
action>: GetTime
3
format: 'YYYY-MM-DD'
4
timezone: 'Asia/Tokyo'
5
relativeTime:
6
number: 2
7
unit: days
8
preposition: before
9
startEndOption: startOfDay
Copied!
Last modified 6mo ago