Robotic Crowd
Search…
Storage
ファイルをクラウドサービスに保存したり、クラウドサービスから取得したりするアクションの一覧です。

SaveFile

概要

SaveFileは、クラウドサービスにファイルを保存するアクションです。directoryパラメータを設定することで、保存先のフォルダを指定できます。directoryパラメータで指定した保存先フォルダが見つからない場合は、エラーになります。 createPathパラメータをtrueにすることで保存先のフォルダを新たに作成できます。 directoryパラメータが未設定(空欄)の場合は、各クラウドサービスによって保存先が異なります。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
filename*
文字列、画像、ファイル
保存するファイル。ファイルはフルパスで指定されますが、指定できるのはワークフロー内でダウンロードしたものや作成したファイルのみです。
+get_file_1
provider*
文字列
利用するコネクションのプロバイダID。デフォルトではRobotic Crowdのストレージ(local)が使用されます。localの他に、Google Drive、Dropbox、box、OneDrive、AWS S3、Google Cloud Storage が利用できます。
local(default)
directory
文字列
保存先のパス、もしくは保存先のフォルダID。未設定(空欄)の場合は、各クラウドサービスによって保存先が異なります。詳細は下記の表をご覧ください。ルートディレクトリに保存したい場合は、/を指定します。一部のコネクションは共有フォルダへの保存に対応しております。詳細は下記の説明をご覧ください。
/path/to/directory
createPath
真理値
trueの場合、保存先のフォルダを新たに作成します。
false(default)

directoryパラメーターが未設定(空欄)の場合の保存先

    Google Drive、Dropbox、box、OneDrive の場合、「RoboticCrowd/YYYY-MM-DD」フォルダに保存されます。YYYY-MM-DDには、今日の日付が入ります。
    AWS S3、Google Cloud Storage の場合、ルートディレクトリに保存されます。
プロバイダー
保存先
Google Drive
RoboticCrowd/YYYY-MM-DD
Dropbox
RoboticCrowd/YYYY-MM-DD
box
RoboticCrowd/YYYY-MM-DD
OneDrive
RoboticCrowd/YYYY-MM-DD
AWS S3
ルートディレクトリ
Google Cloud Storage
ルートディレクトリ

共有フォルダを指定した場合の保存先

プロバイダー
directory パラメーター
保存先
Google Drive
共有ドライブ名:/path/to/content
指定した共有ドライブ内
OneDrive
サイト名:/path/to/content チーム名:/path/to/content
Microsoft SharePoint サイト > ドキュメント内 Microsoft Teams チーム > ドキュメント内
    共有フォルダへの保存は上記の2種に対応しております。
    OneDrive コネクションを使い、Microsoft Teams のチーム内にファイルを保存する場合は、チームのプライバシーを「パブリック」に設定してください。

各クラウドサービスのアクセス権限について

    Google Driveの共有ドライブを保存先に指定する場合や、共有ドライブに新しくパスを作成して保存する場合は、いずれの場合もユーザーのアクセス権限が「管理者」「コンテンツ管理者」「投稿者」のどれかに該当する必要があります。詳しくは共有ドライブのアクセスレベル - Google Workspace 管理者ヘルプをご参照ください。
    boxのストレージを保存先に指定する場合、またはboxのストレージに新しくパスを作成して保存する場合は、いずれの場合もboxユーザー権限が「共同所有者」「編集者」「ビューアー/アップローダー」「プレビューアー/アップローダー」のどれかに該当する必要があります。詳しくはコラボレータの権限レベルについて- boxをご参照ください。

アウトプット

タイプ
概要
Object
オブジェクト
ストレージ保存のレスポンス
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
+save_file_1:
2
action>: SaveFile
3
filename: +get_file_1
4
provider: gdrive_********************
5
directory: '/path/to/directory' #共有ドライブの場合は 'ドライブ名:/path/to/directory'
6
createPath: true
7
# => {
8
# "file_id": "1Y2O5qBUBIPpiZfd9gW1UqehiZoXHBysJ",
9
# "filename": "photo-1552521923-b46b3137bab3"
10
# }
Copied!

GetFile

概要

GetFileは、ファイルを取得するアクションです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
filename*
文字列、画像、ファイル
取得するファイルのID、もしくはパス
IDでの指定: rc_33b74e85777203729f2d パスでの指定: /path/to/file/image.jpg
provider*
文字列
利用するコネクションのプロバイダID
local (default)

filenameの指定方法

filename の指定方法は、各プロバイダーによって異なります。以下の一覧表をご参照ください。
プロバイダー
ID
パス
local
×
Google Drive
box
Dropbox
OneDrive
S3
×
GCS
×
◎...ビジュアルモードで画面上からIDを取得可能、○...指定可能、×...指定不可
    Google Drive の共有ドライブから「パス指定」でファイルを取得する場合、共有ドライブ名:/path/to/fileのように指定します。ドライブ名の直後に:を入れ、それ以降はパスを指定します。

アウトプット

タイプ
概要
File
ファイル
取得したファイルのローカルパス
/tmp/02975d17-a685-4054-9859-d26a2baca435/gdrive_4d58af37ea2b6c4dfb8c/today_sakura

使用例

1
+get_file_1:
2
action>: GetFile
3
filename: '/spring/sakura/today_sakura'
4
provider: gdrive_********************
5
# => "/tmp/02975d17-a685-4054-9859-d26a2baca435/gdrive_4d58af37ea2b6c4dfb8c/today_sakura"
Copied!

ListItems

概要

ListItemsは、ディレクトリ内のアイテム一覧を取得するアクションです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
directory*
文字列
ディレクトリのパス。ルートディレクトリを指定する場合は、/を入力します。
/path/to/directory
provider*
文字列
利用するコネクションのプロバイダID。
gdrive_********************
limit
数値
取得するアイテムの最大数
1000

アウトプット

タイプ
概要
List
配列
取得したアイテムのパス
['/path/to/directory/test.txt']

使用例

1
+list_items_1:
2
action>: ListItems
3
directory: '/path/to/directory'
4
provider: gdrive_********************
5
limit: 1000
6
# => ['/path/to/directory/test1.txt', '/path/to/directory/test2.txt']
Copied!

CombinePDF

概要

CombinePDFは、複数のPDFファイルを結合して一つのPDFファイルにまとめるアクションです。 結合されたPDFファイルのページ順は、filesパラメーターに設定されたPDFファイルの順番と同じになります。 PDFファイルは元のページサイズのまま結合されます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
files*
配列
対象ファイルのパス
["/dir/path/to/example1.pdf", "/dir/path/to/example2.pdf" ]

アウトプット

タイプ
概要
File
ファイル
PDFファイルのパス
/dir/path/to/combined_20210828022851.pdf

使用例

1
+combine_p_d_f_1:
2
action>: CombinePDF
3
files: ["/dir/path/to/example1.pdf", "/dir/path/to/example2.pdf" ]
4
# => "/dir/path/to/combined_20210828022851.pdf"
Copied!

RenameFile

概要

RenameFileは、ファイルの名前を変更するアクションです。拡張子も変更しますのでご注意ください。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
filename*
文字列、画像、ファイル
対象ファイル。ファイルはフルパスで指定されますが、指定できるのはワークフロー内で取得したものや作成したファイルのみです。
+get_file_1
save_as*
文字列
新しいファイル名。拡張子も正しいものを入力してください。
新集計表.xlsx

アウトプット

タイプ
概要
File
ファイル
名前を変更したファイル
/tmp/b6b90347-f455-43ce-af42-f6ba8f17a920/local/新集計表.xlsx

使用例

1
+rename_file_1:
2
action>: RenameFile
3
filename: +get_file_1
4
save_as: '新集計表.xlsx'
5
# => "/tmp/b6b90347-f455-43ce-af42-f6ba8f17a920/local/新集計表.xlsx"
Copied!

CompressFile

概要

CompressFileは、ファイルをZipで圧縮するアクションです。filesパラメータで圧縮対象のファイルを配列で設定します。ファイルを複数設定した場合、アウトプットのファイルパスは、files[0]のディレクトリ名/archive.zipとなります。 ファイルではなくフォルダが指定されている場合は、フォルダごと圧縮します。 ファイルとフォルダをまとめて圧縮することも可能です。例えば、filesを["path/to/folder", "path/to/item1.txt", "path/to/item2.txt"]とした場合、path/to/archive.zipが作成され、その中に folder, item1.txt, item2.txt が置かれます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
files*
配列
対象ファイルのパス
["/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/turn_pages.jpeg"]
files*
配列
対象フォルダのパス
["/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/folder"]

アウトプット

タイプ
概要
File
ファイル
圧縮したファイル
/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/turn_pages.zip
File
ファイル
圧縮したファイル
/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/folder.zip

使用例

1
+compress_file_1:
2
action>: CompressFile
3
files: +create_list_1
4
# => "/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/turn_pages.zip"
Copied!

DecompressFile

概要

圧縮されたファイルを展開し、 展開したファイルのパスをリストとして出力します。現在対応している圧縮形式はzipのみです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
file*
文字列
対象ファイルのパス
"path/to/file.zip"
filename_encoding
セレクト
圧縮されたファイルの文字コードを指定します。展開後のファイル名に日本語が含まれる場合は、文字化けする可能性があります。文字コードを指定することで文字化けを防ぐことができます。
Shift_JIS

アウトプット

タイプ
概要
Array
配列
展開したファイルのパス
['path/to/unzip.png', 'path/to/unzip.txt']

使用例

1
+decompress_file_1:
2
action>: DecompressFile
3
file: 'path/to/file.zip'
4
filename_encoding: Shift_JIS
5
# => ['path/to/unzip.png', 'path/to/unzip.txt']
Copied!

DeleteItem

概要

DeleteItemは、ファイルまたはフォルダを削除するアクションです。ファイルがゴミ箱へ移動するか、完全に削除されるかは各プロバイダーによって異なります。
DeleteItem実行後の挙動一覧
プロバイダー
移動先
Onedrive, Dropbox, box
ゴミ箱
local, Google Drive, AWS S3, Google Cloud Storage
完全削除

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
filename*
文字列、画像、ファイル、フォルダ
取得するファイルのID、もしくはパス
IDでの指定: rc_33b74e85777203729f2d パスでの指定: /path/to/file/image.jpg
provider*
文字列
利用するコネクションのプロバイダID
local (default)

filename の指定方法

filename の指定方法は、各プロバイダーによって異なります。以下の一覧表をご参照ください。
プロバイダー
ID
パス
local
×
Google Drive
box
Dropbox
OneDrive
S3
×
GCS
×
◎...ビジュアルモードで画面上からIDを取得可能、○...指定可能、×...指定不可
    Google Drive の共有ドライブにあるファイルまたはフォルダを「パス指定」で削除する場合、共有ドライブ名:/path/to/contentのように指定します。ドライブ名の直後に:を入れ、それ以降はパスを指定します。

アウトプット

タイプ
概要
Boolean
真偽値
エラーが起きない限り、完了後はtrueを返却
true

使用例

1
+delete_file_1:
2
action>: DeleteItem
3
filename: '/spring/sakura/today_sakura.jpg'
4
provider: gdrive_********************
5
# => "true"
Copied!

MoveItem

概要

MoveItemは、ファイルの格納フォルダを変更するアクションです。対応しているプロバイダは下記の通りです。 Google Drive, Dropbox, box, OneDrive, AWS S3, Google Cloud Storage

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
Google DriveのプロバイダID
gdrive_**
filename*
文字列、画像、ファイル、フォルダ
取得するファイルのID、もしくはパス
IDでの指定: hogehogehoge パスでの指定: /path/to/file/hoge.jpg
directory*
文字列
新しい格納先のパス、もしくはフォルダID。ルートディレクトリに保存したい場合は、/を指定します。
/path/to/directory
createPath
真偽値
trueの場合、保存先のフォルダを新たに作成します。
false(default)
    各プロバイダごとにfilenameおよびdirectoryの指定方法が異なります。 filenameは、GetFile記載の「filename の指定方法」を directoryは、SaveFile記載の「directory の指定方法」を参照ください。

アウトプット

タイプ
概要
Object
オブジェクト
エラーが起きない限り、完了後はファイル(もしくはフォルダ)のid, name, folder_idを返却
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
+move_item_1:
2
action>: MoveItem
3
provider: gdrive_********************
4
filename: '/sample/hogehogehoge.png'
5
directory: '/path/to/directory' #共有ドライブの場合は 'ドライブ名:/path/to/directory'
6
createPath: true
7
# => {
8
# "id": "1Y2O5qBUBIPpiZfd9gW1UqehiZoXHBysJ",
9
# "name": "hogehogehoge.png"
10
# "folder_id": "17eI94QVrT9N8diaoZmicV1szlIJ8dozd"
11
# }
Copied!

MakeDirectory

概要

MakeDirectoryは、新しいディレクトリを作成するアクションです。filesパラメータで指定したファイルを作成するディレクトリに移動させます。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
name*
文字列
ディレクトリ名
"new_directory"
files
配列
対象ファイルのパス
['path/file1.txt', 'path/file2.txt']

アウトプット

タイプ
概要
Directory
文字列
作成したディレクトリのパス
"/tmp/c134789a-c03e-4542-9b76-9c1ce2c3be59/new_directory"

使用例

1
+make_directory_1:
2
action>: MakeDirectory
3
name: new_directory
4
files: ['path/file1.txt', 'path/file2.txt']
5
# => "/tmp/c134789a-c03e-4542-9b76-9c1ce2c3be59/new_directory"
Copied!

CopyFile

概要

CopyFileは、ファイルを複製するアクションです。filesパラメータで指定したファイルを、asパラメータで指定した名称で、directoryパラメータで指定したディレクトリに複製します。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
Google DriveのプロバイダID
gdrive_**
filename*
文字列、画像、ファイル、フォルダ
取得するファイルのID、もしくはパス
IDでの指定: rc_33b74e85777203729f2d パスでの指定: /path/to/file/image.jpg
as
文字列
複製したファイル名。拡張子も正しいものを入力してください。複製先が複製元のファイルと同じフォルダ内の場合にasを指定しない時は「[複製元のファイル名] Copy」となります。
集計表.xlsx
directory
文字列
複製ファイルの格納先のパス、もしくはフォルダID。指定しない場合は複製元のファイルと同じフォルダ内に複製されます。
/path/to/directory
createPath
真偽値
trueの場合、保存先のフォルダを新たに作成します。
false(default)
    現在の対応プロバイダはGoogle Driveのみとなります。
    各プロバイダごとにfilenameの指定方法が異なります。 filenameは、GetFile記載のfilenameの指定方法を を参照ください。

アウトプット

タイプ
概要
Object
オブジェクト
エラーが起きない限り、完了後はファイル(もしくはフォルダ)のid, name, folder_idを返却
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
+copy_file_1:
2
provider: gdrive_********************
3
filename: '/sample/hoge.png'
4
as: 'hogehogehoge.png'
5
directory: '/path/to/directory' #共有ドライブの場合は 'ドライブ名:/path/to/directory'
6
createPath: true
7
# => {
8
# "id": "1Y2O5qBUBIPpiZfd9gW1UqehiZoXHBysJ",
9
# "name": "hogehogehoge.png"
10
# "folder_id": "17eI94QVrT9N8diaoZmicV1szlIJ8dozd"
11
# }
Copied!

GetShareLink

概要

GetShareLinkは、クラウドサービスに保存してあるファイルに対する共有リンクを取得するアクションです。現在対応しているプロバイダはRobotic Crowdのストレージのみです。

パラメーター

*は、必須パラメーター
名前
概要
provider*
文字列
利用するコネクションのプロバイダID。現在対応しているのはRobotic Crowdのストレージ(local)のみです。
local
filename*
文字列
取得するファイルのID
rc_33b74e85777203729f2d
type
文字列
作成する共有リンクの種類。ファイルを閲覧できる閲覧用リンク(view)か、ファイルをダウンロードできるダウンロードリンク(download)かを指定してください。
view (default)
expires_in
数値
作成する共有リンクの有効期限。秒数で指定してください。最大値は604800(7日間)です。
1800 (default)

アウトプット

タイプ
概要
File
ファイル
共有リンクのパス
※使用例のアウトプット参照

使用例

1
+get_share_link_1:
2
action>: GetShareLink
3
provider: local
4
filename: rc_33b74e85777203729f2d
5
type: view
6
expires_in: 1800
7
# => "https://storage.googleapis.com/sample/sample?GoogleAccessId=xxxxxxxx.iam.gserviceaccount.com&Signature=xxxxxxxx&Expires=xxxxxxxx"
Copied!
Last modified 1mo ago