Storage

ファイルをクラウドサービスに保存したり、クラウドサービスから取得したりします。

SaveFile

概要

SaveFileは、ファイルを保存するアクションです。 directoryパラメータを設定することで、ファイルの保存先を指定できます。directoryパラメータで設定した保存先がない場合、Dropboxはフォルダが自動生成されますが、その他のプロバイダはエラーとなります。 createPathパラメータをtrueにすることで、保存先のパスを新たに作成することができます。 ファイルの保存先が未設定の場合は、ストレージによって挙動が異なります。

ストレージへのアクセス権限について

  • Google Driveの共有ドライブを保存先に指定する場合や、共有ドライブに新しくパスを作成して保存する場合は、いずれの場合もユーザーのアクセス権限が「管理者」「コンテンツ管理者」「投稿者」のどれかに該当する必要があります。詳しくは共有ドライブのアクセスレベル - G Suite 管理者ヘルプをご参照ください。

  • boxのストレージを保存先に指定する場合、またはboxのストレージに新しくパスを作成して保存する場合は、いずれの場合もboxユーザー権限が「共同所有者」「編集者」「ビューアー/アップローダー」「プレビューアー/アップローダー」のどれかに該当する必要があります。詳しくはコラボレータの権限レベルについて- boxをご参照ください。

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前

概要

filename*

文字列、画像、ファイル

保存するファイル。ファイルはフルパスで指定されますが、指定できるのはワークフロー内でダウンロードしたものや作成したファイルのみです。

+download_file_1

provider*

文字列

利用するコネクションのプロバイダID。デフォルトではRobotic Crowdのストレージ(local)が使用されます。local、Google Drive、Dropbox、box、S3、Google Cloud Storageが利用できます。

local(default)

directory

文字列

保存先のパス。指定がない場合は、ストレージによって挙動が異なります(下記表を参照)。Google Driveの共有ドライブに保存したい場合は、[共有ドライブ名]:/path/to/contentのように、ドライブ名の直後に:を入れて指定してください。

/spring/sakura

createPath

真理値

trueの場合、保存先のパスを新たに作成します。

false(default)

*directoryパラメーターが未設定(空欄)の場合の保存先

ストレージ

保存先

box, Google Drive, Dropbox

「Robotic Crowd」フォルダ*(例:/Robotic Crowd/2020-01-01/sample.txt)ルートディレクトリに保存したい場合は、/を保存先に指定します。

AWS S3, Google Cloud Storage

ルートディレクトリ

アウトプット

タイプ

概要

Object

オブジェクト

ストレージ保存のレスポンス

※使用例のアウトプット参照

使用例

+save_file_1:
action>: SaveFile
filename: +download_file_1
provider: gdrive_********************
directory: 'spring/sakura' #共有ドライブの場合は 'ドライブ名:/spring/sakura'
createPath: true
# => {
# "file_id": "1Y2O5qBUBIPpiZfd9gW1UqehiZoXHBysJ",
# "filename": "photo-1552521923-b46b3137bab3"
# }

GetFile

概要

GetFileは、ファイルを取得するアクションです。

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前

概要

filename*

文字列、画像、ファイル

取得するファイルのID、もしくは、パス。ファイルパスでの指定は、Google Drive, box, Dropbox, OneDrive、S3、Google Cloud Storageのプロバイダーで対応しております。(この値の形式は、プロバイダーごとに異なります。)Google Drive上の共有ドライブから取得する場合はファイルパスでの指定ができないため、ビジュアルモードでファイルを指定する必要があります。 操作方法はGetFile_ファイルを取得 -Help Centerをご参照ください。

file_idでの指定: rc_33b74e85777203729f2d パスでの指定: /path/to/file/image.jpg

provider*

文字列

利用するコネクションのプロバイダID

local(default)

プロバイダーごとのfilename指定方法は、以下を参照してください。

プロバイダー

ファイルID

ファイルパス

local

×

Google Drive

box

×

Dropbox

OneDrive

S3

×

GCS

×

◎...ビジュアルモードで画面上からIDを取得できます。操作方法はGetFile_ファイルを取得 -Help Center

アウトプット

タイプ

概要

File

ファイル

取得したファイル

/tmp/02975d17-a685-4054-9859-d26a2baca435/gdrive_4d58af37ea2b6c4dfb8c/today_sakura

使用例

+get_file_1:
action>: GetFile
filename: '/spring/sakura/today_sakura'
provider: gdrive_********************
# => "/tmp/02975d17-a685-4054-9859-d26a2baca435/gdrive_4d58af37ea2b6c4dfb8c/today_sakura"

RenameFile

概要

RenameFileは、ファイルの名前を変更するアクションです。拡張子も変更しますのでご注意ください。

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前

概要

filename*

文字列、画像、ファイル

対象ファイル。ファイルはフルパスで指定されますが、指定できるのはワークフロー内で取得したものや作成したファイルのみです。

+get_file_1

save_as*

文字列

新しいファイル名。拡張子も正しいものを入力してください。

新集計表.xlsx

アウトプット

タイプ

概要

File

ファイル

名前を変更したファイル

/tmp/b6b90347-f455-43ce-af42-f6ba8f17a920/local/新集計表.xlsx

使用例

+rename_file_1:
action>: RenameFile
filename: +get_file_1
save_as: '新集計表.xlsx'
# => "/tmp/b6b90347-f455-43ce-af42-f6ba8f17a920/local/新集計表.xlsx"

CompressFile

概要

CompressFileは、ファイルをZipで圧縮するアクションです。filesパラメータで圧縮対象のファイルを配列で設定します。ファイルを複数設定した場合、アウトプットのファイルパスは、files[0]のディレクトリ名/archive.zipとなります。

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前

概要

files*

配列

対象ファイルのパス

["/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/turn_pages.jpeg"]

アウトプット

タイプ

概要

File

ファイル

圧縮したファイル

/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/turn_pages.zip

使用例

+compress_file_1:
action>: CompressFile
files: +create_list_1
# => "/tmp/1322ce71-4c37-480a-bf23-9035a47be089/local/turn_pages.zip"