Control

制御系のアクションの仕様について記述しています。

If

概要

指定された条件により処理を分岐します。条件が真の場合、ブロック内に定義された処理を実行します。

パラメーター

名前

概要

condition

文字列

条件(変数利用可能)

${total} > 90

使用例

# 変数に保存
+store_value_1:
action>: StoreValue
key: total
value: 100
# 真のとき
+if_1:
if>: '${total} > 90'
_do:
# テキストを作成
+text_1:
action>: Text
text: '合格'

ForEach

概要

リストの各要素に対して一度ずつ処理を実行します。

パラメーター

名前

概要

iterable

配列

対象のリスト

["apple","orange","banana"]

element

文字列

要素を格納する変数名

fruit

使用例

# 各要素について繰り返す
+for_each_1:
for_each>:
fruit: ["apple","orange","banana"]
_do:
# テキストを作成
+text_1:
action>: Text
text: ${fruit}

Loop

概要

指定した回数だけ処理を繰り返します。

パラメーター

名前

概要

times

数値

繰り返す回数

5

使用例

# 繰り返し
+loop_1:
loop>: 5
_do:
# テキストを作成
+text_1:
action>: Text
text: Hello

KillAttempt

概要

KillAttemptは、実行中のセッションを異常終了させます。実行されるとエラーステータスで完了となります。想定通り終了した場合もエラーステータスとなるので注意してください。

終了メッセージをつけることができるので、デバッグや条件により終了させたいときに使います。

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前

概要

message

文字列

終了時に残すメッセージ

終了しました

アウトプット

無し

使用例

+kill_attempt_1:
action>: KillAttempt
message: 'この条件では、ワークフローが完了しないので終了させます。'

AddToQueue

概要

AddToQueueは、指定したワークフローをセッションキューに追加します。 paramsパラメーターを使えば、ワークフローにデータを渡すことも可能です。

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前

概要

workflow_id*

数値

セッションキューに追加するワークフローのID

1234

params

オブジェクト

ワークフローに渡すデータ

{"url":"https://www.roboticcrowd.com/"}

アウトプット

タイプ

概要

Text

文字列

セッションキューのステータス

"running"

使用例

+add_to_queue_1:
action>: AddToQueue
workflow_id: 1234
params:
url: 'https://www.roboticcrowd.com/'